【美肌の基本】お肌が変わる洗顔&クレンジング法

2020年6月4日

毛穴の開きを徹底対策

スキンケアの基本は「クレンジング」と「洗顔」の洗うケア。

美肌のために、保湿やUVケアを頑張ったり、高価な美容液やクリームを使うのも大切。

でも、洗顔やクレンジングを適当にしたり、安価なもので洗ったりしていませんか?

毎日何気なくしている、クレンジングや洗顔は、美肌作りにはとても大切な工程です。

 

よく耳にするのは、

クレンジングや洗顔は落とす(流す)ものだから、成分などは気にしていない。

クレンジングや洗顔は流してしまうので、安価なもので十分。

その代わり、クリームや美容液にはこだわっている。

 

その考え、間違っています!

美肌の基本は「落とす」。夜にメイクや汚れをキレイに落とさないと、高価な美容液を与えてもお肌は受け取れません。

 

毎日のクレンジングと洗顔は、簡単そうにみて、実はとても難しいスキンケアのひとつなんです。

 

適当な洗顔だと、皮脂やメイクなどの汚れがお肌に残り肌荒れやトラブルの原因に。

また、毛穴やニキビに悩む方は、洗いすぎてお肌に負担をかけたり、必要な油分や皮脂まで洗ってしまい、お肌の乾燥などの原因にもなり美肌が遠のきます。

 

美肌を目指してスキンケアを頑張っているのに、お肌の状態が改善されない時は、クレンジングと洗顔を見直してみてください。

 

今回は、プロがおススメする美肌になるクレンジングと洗顔法です。

今日から簡単にできるので、ぜひ真似をして美肌をGETしてくださいね。

 

 

 

美肌になるクレンジング法

美肌になるために大切なクレンジングは、洗顔前にUVや下地、メイクなどの油性の汚れを落とすのが目的です。

最近のファンデーションは超微粒子。お肌になじみ、毛穴やくすみも隠してくれる美肌効果が嬉しいのですが、その分毛穴に入り込みやすく、汚れが落ちにくくなっています。

超微粒子のファンデーションをお使いの方は、美肌になるためにクレンジングをしっかり行ってくださいね。

 

こんなことしていませんか?

  • 洗浄力の強いクレンジングを使用している
  • クレンジングの時にマッサージをしている
  • メイクや皮脂を落とすために力を入れて洗っている
  • タオルドライではこすって拭いている

 

ひとつでも当てはまったら、クレンジングの見直しを!!

 

 

クレンジングや洗顔など、顔を洗うとお肌はアルカリ性になります。

洗顔後、顔がつっぱることはありませんか?これはアルカリ性が強すぎる証拠。

アルカリは毛穴の汚れを取れやすくしたり、角質を柔らかくする働きがあります。

 

洗顔後に顔がつっぱると思ったら、クレンジングと洗顔の見直しをすることが美肌への第一歩です。

 

 

美肌になるためには、クレンジング選びはとても大切になります。

 

 

美肌になるために知りたいクレンジングの種類

オイルからシートタイプまでたくさんの種類があるクレンジング。

実際に、種類も多すぎて選ぶのが難しいですよね。

 

美肌への近道である、クレンジングの4種類をご紹介します。

 

 

《オイルタイプ》

洗浄力★★★★

最近ドラッグストアなどでもよく目にする、オイルクレンジング。

オイルの成分でお肌がしっとり潤いそう。ですが、実は洗浄力が強いのです。

オイルクレンジングで一番大切なのが乳化。乳化することでメイク汚れをなじませて洗い流すので、出来ていない方は要注意です!

 

洗浄力が強いので、しっかりメイクの方におすすめ。

乾燥肌やニキビ肌、敏感肌の方は刺激が強いので避けた方がいいと思います。

 

 

 

《クリームタイプ》

洗浄力★★★★

比較的お肌に優しいと言われているのが、クリームクレンジング。

ただ、クリームのふき取りタイプは、お肌に負担になるので乾燥肌や敏感肌の方は避けた方がいいアイテムです。

 

クリームタイプは洗い上りがしっとりするので、乾燥肌の方にも良いと思います。

このしっとりが、ベタつく感じもあるので脂性肌にはNGかもしれません。

 

 

 

《ジェルタイプ》

洗浄力★★★

一番洗浄力が弱く、お肌に優しいのがジェルクレンジング。

でも、ジェルクレンジングにも種類があって、オイル系と水系に分かれます。

オイル系はジェルの中でもしっかりメイクが落とせるのが特徴で、水系はナチュラルメイクなど向けの優しものまで様々。

 

優しく、お肌に負担なくメイクを落としたい方におすすめです。

 

 

 

《シートタイプ》

洗浄力★★★摩擦力★★★★★

急なお泊りや疲れているときに、使いたいのがシートタイプのクレンジング。

 

洗い流す必要がなく、超便利なクレンジングです。最近は忙しい女性にも人気で、ひとつあると、とても便利です。

シートタイプは、摩擦が強くお肌に負担があるので日常使いには向かないと思います。

 

特に乾燥肌、敏感肌の方は控えてください。

出来れば、緊急時や旅行、どうしても疲れているときなどに使って欲しいアイテムです。

 

 

間違ったクレンジング法

美肌のために、毎日やっているクレンジングのはずが、勘違いで間違ったケアをしていることも。

日々やりがちな、間違ったクレンジング法をご紹介します。

 

 

《クレンジングの時マッサージをしている》

クレンジングはメイクの汚れを落とためのもの。クレンジング材とメイクをなじませて洗い流すのが基本。

必要以上に、マッサージをしたりしていませんか?メイクの汚れは、お肌を傷つけやすいのでクレンジングでマッサージをすると、肌荒れや敏感肌の原因になります。

セルフケアでマッサージをするときは、必ず洗顔後にしてください。

 

 

《力をいれてゴシゴシ洗っている》

メイクや皮脂・毛穴の汚れを落とすために、力をいれてゴシゴシクレンジングをしていませんか?

お肌をこるすると、皮膚の表面に傷がついて乾燥しやすくなります。摩擦で色素沈着を起こしシミの原因にも。

美肌になるためのクレンジングは、皮膚が動かないくらい優しく、メイクなどの汚れと馴染ませるだけで十分です。

 

だからと言って、きちんと汚れが落ちていないのもトラブルのもとです。

汚れが残りやすい、小鼻やあごはどは丁寧にクレンジングしてください。

 

 

 

《ゴシゴシ拭いている》

タオルドライでは、上下にこすって拭いていませんか?

タオルドライの時は、タオルで水分を押さえて拭くだけ。

上下にゴシゴシ拭くと、摩擦でお肌の表面に傷をつけたり肌荒れの原因に。

美肌を目指す方は、押さえて水分を拭きとる様に心がけてください。

 

 

美肌のためには、このような行為をしていたら、今すぐやめてくださいね。

 

 

 

 

美肌になるクレンジング方法

エステ歴10年の私がおすすめする、美肌になるクレンジング法です。

 

①ポイントメイクを落とす

クレンジング剤を濡れたコットに含ませて、目や口元に10秒くらい置き、メイクと馴染ませる

ポイント!アイメイクや口紅は落ちにくいので、しっかりメイクの方はポイント用メイク落としがGOOD!

ただ、ご自身のクレンジング剤をコットに染み込ませてもOK

 

落ちにくいメイクを力を入れてこすると、シミや肌荒れの原因になるので注意!!

 

 

②クレンジング剤を顔にのせる

おでこ → 両頬 → あご → 鼻 にクレンジング剤をのせる

その後、顔全体に優しくなじませる

 

ポイント!クレンジングの量は、肌の上ですべるくらいたっぷり使うのがおすすめ

量が少ないと、こする摩擦でお肌を痛めてしまうので注意!!

 

 

③両頬

両頬は、内側から外側に小さな円を描くように

指先で軽く、力を入れずにメイクとクレンジングをなじませる

 

 

④おでこ

おでこも、真ん中から外に向かって小さな円を描くように

指先で軽く、力を入れずにメイクとクレンジングをなじませる

 

 

⑤あご・口元・鼻の下

あご・口元・鼻の下をなじませる

あごと口元は円を描くように

鼻の下は、左右に動かしてメイクとなじませる

 

ポイント!ここはメイクが残りやすいので注意!!

 

 

⑥鼻の周り

鼻の周りをなじませる

鼻筋は上下に、小鼻は円を描くように

メイクとしっかりなじませる

 

ポイント!ここもメイクが残りやすいので注意!!

 

 

⑦目元

目元は、力を入れず優しく馴染ませる

 

 

⑧すすぎ

ぬるめのお湯(30℃~34℃くらい)で、

30回しっかりすすぐ

 

ポイント!生え際やあごは残りやすいので注意!!

 

 

⑨タオルで拭く

摩擦をさけるように、タオルは押さえる感じで水分を拭きとる

上下にゴシゴシ拭かない

 

ポイント!力を入れすぎる方は、

1週間位キッチンペーパーで拭いてみてください。

その感覚でタオルで拭くようにしてください

 

 

 

美肌になる正しい洗顔法

洗顔は古くなった角質や皮脂・汗やほこりなどの、水性の汚れを落とします。

洗顔料も洗い流すものなので、安価なものでも何でもよいと思っていませんか?

美肌に注目する今は、美容成分が入った洗顔料もあります。

このようなアイテムは洗顔後もお肌が潤うので乾燥肌の方は試してみると美肌に一歩近づくかもしれません。

 

顔の汚れは、こする力ではなく、すすぐときに一緒に汚れを落としています。

力を入れてゴシゴシ洗っても、汚れは落ちず、摩擦がお肌に負担をかけてしまいます。

 

しかも、泡が汚れを吸着するので、濃密なモコモコの泡で洗うと摩擦も避けられて汚れもしっかり落とせます。

 

また、熱いお湯や冷たい水で洗う方もいますが、熱いとお肌は乾燥しがちになり、また冷たいと洗顔料が残りやすくなります。すすぎはぬるめのお湯でしてください。

 

 

美肌を目指す方は、今晩から少し面倒でもモコモコの泡で優しく洗うようにしてみてくださいね。

 

 

 

美肌になるために知りたい洗顔料の3種類

美肌を目指す方のお悩みの多くは毛穴の汚れ。ここでは、角栓や黒ずみにお悩みの方にお勧めの洗顔料をご紹介します。

 

《酵素洗顔》

毛穴の黒ずみの原因になる角栓の約70%がタンパク質です。皮脂の汚れと思っている方が多いと思いますが、皮脂は残りの30%だけ。

酵素洗顔は、タンパク質と皮脂の汚れを落とすのに最適なのです。

 

酵素洗顔には、「タンパク質分解酵素」と「皮脂分解酵素」の2種類があります。

 

タンパク質分解酵素は、古い角質であるタンパク質を分解するので、「角栓やニキビ」にお悩みの方におすすめです。パパイン酵素が代表的です。

 

皮脂分解酵素は、リパーゼという成分が皮脂を除去するので、「毛穴の黒ずみ・角栓の詰まり」にお悩みの方はこちらがおすすめです。

 

 

《クレイ洗顔》

クレイはミネラルたっぷりの泥を使用していて、細かい粒子が毛穴に入り、皮脂に吸着して汚れを落とします。こちらも「毛穴の黒ずみ・角栓の詰まり」にお悩みの方に最適です。

 

ただ、クレイ洗顔はやりすぎると、余分な皮脂まで取り除くので、乾燥肌・敏感肌の方は注意。週に1~2回を目安にしてくださいね。

 

 

《個性石鹸》

固形石鹸は、毛穴のお悩みと関係ありませんが、美肌を目指す方はお肌に優し洗顔を好む傾向にあります。

固形石鹸は、お肌に優しいイメージを持つ方も多いのですが、実は洗浄力が高い洗顔料です。

 

美肌の大敵は、乾燥です。洗いすぎによる乾燥や肌荒れの方もとても多いです。

 

洗顔後、顔がつっぱる方は洗いすぎです。洗顔料を見直して美肌を手に入れてくださいね。

 

 

美肌になるための洗顔法

おすすめ洗顔法

 

①顔を濡らす

顔全体をぬるま湯で濡らす

お湯の温度は、体温より低めの30℃~34℃位が目安

 

 

②洗顔料泡立てる

洗顔料を適量、洗顔ネット等でモコモコに泡立てる

 

ポイント!濃密な泡の方が、皮脂などの脂を吸着するので

よく泡立ててください

 

 

③洗顔料を顔にのせる

おでこ → 鼻 → あご → 両頬 の順に

ポイント!皮脂の多い順番に

 

 

④洗う

泡を転がすように、指先で円を描くように洗う

お肌に指先が触れず、泡で洗うイメージ

 

 

⑤目元・口元

目元・口元は最後に洗う

 

 

⑥すすぎ

ぬるま湯で30回しっかりすすぐ

 

 

⑦タオルで拭く

タオルでこすらず、押すように水分を拭きとる

 

 

美肌をつくる洗顔・クレンジングのポンとは力を入れないです!

 

摩擦は肌荒れを起こしたり、シミの原因の色素沈着も起こします。

優しく丁寧に洗うのが美肌への近道です!

 

 

 

 

 

 

 

美肌になる洗顔&クレンジング法のまとめ

美肌になるためには、洗い流すものより、高価な美容液やクリームに目がいきがちです。

 

ただ、洗うだけ。

と思っているかもしれませんが、この「洗う」が美肌になるスキンケアの基本です。

 

高価な美容液やクリームなどを使っているのに、クレンジングや洗顔は気を使っていない。

また、パックは一生懸命するのに、洗うことは雑に行っていた。

反対に脂性で気になり、さっぱり洗いすぎていた。

 

このような方は、美肌になるスキンケアの基本の「洗う」を見直してください。

 

何をしても、美肌になれなかったかたこそ、この洗うを見直してください。

それが、美肌への第一歩です。

 

 

フェイシャルエステで毛穴が変わるを体験してください
札幌のフェイシャルエステなら94.2%が効果を実感したカイオナ

  札幌のフェイシャルエステ カイオナ 4つのポイント ご予約方法 施術をしている場合、お電話に出られませんので24時間ご予約フォームでご予約ください。 24時間WEB予約フォームでのご予約 ...

続きを見る

© 2021 札幌のフェイシャルエステならカイオナ Powered by AFFINGER5