毛穴が開く3つの原因と正しいケアで毛穴の悩みを解消!!

2020年5月13日

毛穴が開く原因

とっても気になる毛穴の開き。

「毛穴が開く」と言っても原因はさまざまです。

 

色々とケアをしているのに、いまいち効果が見られない・・・。

 

そんなお悩みはありませんか?

 

「毛穴が開く」のが気になるからと、スキンケアをやりすぎて、悪化させているケースもあります。

 

毛穴レスの肌を目指すために、ここでは毛穴が開く原因と正しいケア方法をご紹介します。

 

ぜひ、参考にしてキュッと引き締まった毛穴レスの美肌を手に入れてくださいね。

 

 

毛穴が開く3つの原因

毛穴はカラダ全身に約500万個あり、そのうちの約20万個が顔にあります。

 

毛穴には、お肌を乾燥や細菌から守り、「うるおい」を与える「皮脂」を分泌する「皮脂腺」があります。

この皮脂線は、カラダより顔の方が大きいので、カラダより顔の方が毛穴が目立ちやすい構造になっています。

 

 

毛穴が開く原因①皮脂の過剰分泌

毛穴が開く原因のひとつが、「皮脂の過剰分泌」。

皮脂が過剰に分泌される要因は大きく4つあります。

 

①男性ホルモンの増加

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進させるので、過剰分泌に繋がります。

そうなると、皮膚の表面の角質が厚くなり、肌が硬くなるので毛穴を塞いで、皮脂の排出が滞り毛穴が開く原因になります。

 

なぜ、女性なのに男性ホルモンの影響が?と思われるかもしれませんが、

女性は、女性ホルモンが約70%、男性ホルモンが約30%のバランスで保たれています。

 

ちなみに、

男性は、男性ホルモンが約90%、女性ホルモンが約10%の割合です。

 

女性

 

女性ホルモン

66.5%

男性ホルモン

33.5%

男性

 

男性ホルモン

87.5%

女性ホルモン12.5%

 

 

しかも、

男性ホルモンを分泌する器官は、男性は精巣。女性は副腎皮質と異なります。

 

男性 女性
男性ホルモンを分泌する器官 精巣 副腎皮質
女性ホルモンを分泌する器官 副腎皮質 卵巣

 

副腎皮質とは、腎臓の上にある、小さな器官ですが取ってしまうと、わずか3時間で命を落とすほど重要な器官でもあります。

 

この副腎皮質は、ストレスの刺激を受けやすい器官なので、

ストレスを感じると男性ホルモンが活発になり、皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

 

過剰に皮脂が分泌されると、毛穴が開く原因となります。

 

 

②女性ホルモンの増加

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

 

この、卵胞ホルモンは「皮脂の分泌を抑制」する働きがあるのですが、

黄体ホルモンは、「皮脂分泌を促進」する働きがあります。

 

卵胞ホルモンは、排卵前に活発になり

黄体ホルモンは、排卵後から生理前に活発になるため、

月経前に肌荒れが起こるのは、この黄体ホルモンの影響だったのです。

 

女性ホルモン(黄体ホルモン)の増加も、毛穴が開く原因の一つと言えます。

 

 

③糖質や脂質の過剰摂取

現代は食生活が欧米化され、高カロリーで糖質や脂質が過多の食事の傾向が強くなっています。

エネルギーとして使われなかった脂肪や糖は、中性脂肪として蓄積されます。これらは皮脂の原料となり、皮脂を過剰に分泌して、毛穴が開くのです。

 

 

④お手入れ不足

毎日のスキンケアで大切なのは、スキンケアの基本と言われる「洗う」こと。

 

意外と、高級なクリームや美容液を使っているのに、

クレンジングや洗顔料の重要性を見落としがちになっていませんか?

メイクや下地、UVなどのほかにも、汗や皮脂・ほこりなどで顔は自分が思っているより汚れています。

これらの汚れをしっかり落として、お肌を清潔に保つことが必要です。

 

洗顔不足になると、汚れやメイクやクレンジング剤などが肌に残り、皮脂の過剰分泌や毛穴の詰まりや開く原因になります。

 

 

 

 

毛穴が開く原因②ハリと弾力不足

毛穴が開く原因の二つ目は、お肌のハリと弾力不足です。

 

お肌の奥の真皮が老化すると、コラーゲンなどが減少して、ハリや弾力が低下します。

 

そうすると、皮膚がたるみ、毛穴の周りの皮膚も毛穴に落ち込みます。

これは、毛穴が開くというよりは、毛穴が影になり開いて見えているだけなのです。

 

また、40代以降になると、皮膚のたるみ始めます。もともと毛穴は円形に近い形をしていますが、皮膚がたるむことで、縦長のしずく型になり拡大します。

さらに、毛穴同士がつながり、毛穴が開く原因にもなります。

 

 

毛穴が開く原因③お肌の乾燥

全てのお肌のトラブルの原因は「乾燥」です。

毛穴が開く原因も、お肌の乾燥と深くかかわっています。

 

カラダの細胞の隅々まで、栄養分を運び、不要な老廃物を回収するのが血液です。

カラダが冷えると、血流が悪くなりこの作業が滞り、お肌は乾燥します。

 

お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下し、皮膚を守るために皮脂を過剰に分泌します。

すると、角質肥厚(肌の表面の角質が厚くなる)が起きて、毛穴が開く原因になります。

 

また、毛穴が開くことを気にしている人は、特にTゾーンの保湿を怠りがちです。

何故なら、毛穴が開く人のTゾーンは皮脂が多くベタついているからです。

その原因も乾燥。というよりは保湿不足。

 

ベタつくことが、毛穴が開く原因と思っているので、

保湿を怠るので、乾燥から皮脂を守ろうとして、自分で皮脂を過剰に分泌しているのです。

 

ベタつくのが気になるから、今度は入念に洗いお肌が乾燥する。

そして、乾燥からお肌を守ろうとして、自分で皮脂を過剰に分泌する。

 

という、負のスパイラル陥り、自分で毛穴を開く原因を作ってしまっています。

 

毛穴が開く原因の乾燥は

カラダの冷えからと

保湿不足からの

 

二つがあるので注意が必要です。

 

 

 

正しいケア方法

美肌の基本は「洗う」ことです。

毎日のスキンケアが毛穴が開く原因になっているかもしれませんので要注意です!

ここでは、正しい毛穴ケアの仕方を紹介します。

毛穴が開く!という方は、スキンケアから見直してみましょう。

 

クレンジング選び

美肌の基本である「クレンジング」と「洗顔」。

特にメイクの汚れを落とすクレンジング選びは大切です。

毛穴が開く方は、クレンジング選びを間違っている方も多くいます。

 

クレンジングにはいろいろな種類があり、

洗浄力が強い順に

「オイルクレンジング」「クリーム」「ジェル」

の順番になります。

 

汚れがキレイに落ちて、保湿されそうなイメージの「オイルクレンジング」

 

実はこのオイル成分のほとんどは、「鉱物系(石油系)」のもので作られていて、

洗浄力も、とても強くなります。

 

例えば、サラダ油を手に付けて、水で流してもヌルヌルが残りますよね?

 

このヌルヌルを落とすために、洗浄力の強い成分を配合する必要があります。

 

洗浄力の強すぎるクレンジングを使用すると、お肌は乾燥します。

 

すると、お肌はも守ろうとして「皮脂を過剰に分泌」し、毛穴が開くので、このままの状態が続くとまるでオレンジの皮のような皮膚になってしまいます。

 

 

オイルクレンジングを使う、注意点がもう一つあります。

オイルクレンジングで一番難しいのが「乳化」です。

オイルを顔になじませて、しっかりと乳化させること一番重要です。

乳化のサインは白く白濁すること。

 

これが出来ていないと、メイク汚れとクレンジング剤が馴染んでいないので、余分なオイルなどが肌に残ってしまいます。

 

今は、メーカーによっては「乳化不要」のクレンジングも増えてきているようですが、

今までオイルクレンジングを使っているのに、「乳化」をしていなかった方は、試してみてください。

これだけでも、お肌はの汚れがキレイに落ちるのでお肌は変わります。

 

乳化はちゃんと出来ているのに「毛穴が開く」という方は、

オイルクレンジングの洗浄力が強くて

そのような方は、洗浄力が優しい「ジェルクレンジング」がおススメです。

ジェルタイプでも「油系ジェル」と「水系ジェル」があるので、「水系ジェル」がを選ぶようにしてくださいね。

 

また、シートタイプのふき取りクレンジングは、お肌の摩擦が大きく「毛穴が開く」原因になります。

 

どうしても、疲れていてシートでさっとメイクを落としたい。

急なお泊りで、簡単なものを使用したい。

など、スポット的に使うのは良いのですが、

毎日、シートで拭くと、お肌の必要な角質まで一緒に落としてしまい、「毛穴が開く」ので気を付けてくださいね。

 

 

収れん化粧水で引き締める

お肌を冷水で冷やすと、毛穴が小さくなると思っていませんか?

冷水などで冷やすと、一時的には引き締まりますが、体温が戻ると元に戻ってしまいます。

毛穴が開くのを気にしている方のケアには「収れん化粧水」が効果的です。

収れん化粧水は、毛穴が開く原因の皮脂の分泌を抑えて、お肌を引き締める効果があるので、メイクの崩れも防ぎます。

 

使う順番は用途によって変わりますが、

 

お肌を引き締めたいときは、

スキンケアの最後、乳液やクリームの後に使用してください。

 

美容効果を高めたいときは、

洗顔後に収れん化粧水を使用して、美容液・乳液又はクリームを使いスキンケアを行ってください。

 

毛穴が開くことを気にしている方は、収れん化粧水でキュッと毛穴を引き締めるのが、とても有効的なので試してみてくださいね。

 

 

 

摩擦による刺激を避ける

皮脂の汚れが気になり、やりがちなのが「ゴシゴシ洗う」こと。

それと、同時にタオルで上下に拭いて摩擦や刺激を与えたりしていませんか?

 

これらの行為は、お肌の炎症を引きおこしたり、バリア機能の低下・皮脂の過剰分泌など「毛穴が開く」原因の一つです。

 

顔を洗うときはゴシゴシ洗わない。

タオルは抑えるように拭く。

を、心がけてください。

 

タオルで、上下に拭いてしまう癖がある方は

1週間キッチンペーパーで洗顔後拭いてみてください。

ティッシュは薄すぎるので、個人的にはキッチンペーパーがおススメ。

 

また、摩擦でもう一つ気を付けて欲しいのは、コットンによる摩擦です。

 

毛穴が開くことが気になるので、コットンを使用して、ふき取り化粧水でお肌を拭いたり、毎日の化粧水をコットンで拭くようにつけたりしていませんか?

 

肌の表面を覆っている、一番外側の角質層は、約0.02mmでラップ1枚くらいの厚さです。

お肌をゴシゴシ洗ったり、タオルでゴシゴシ拭いたりする摩擦が、負担なのはわかると思います。

 

毎日のスキンケアはとても大切です。お肌に負担をかけないように、優しく触れる。を心掛けてくださいね。

 

 

しっかり保湿

「毛穴が開く原因③お肌の乾燥」でも書きましたが、

毛穴が開くことを気にしている方は、保湿を怠っている方がとても多いです。

ご自身では、皮脂を抑えるケアとして「さぱっぱりタイプの化粧品」を使用したり、「お鼻の周りは化粧水のみ」なんて方もいます。

この間違ったケアが、お肌を乾燥させて、更に皮脂を過剰に分泌させ、毛穴が開くという状態を自分で作っています。

 

毛穴が開くケアとして欠かせないのは、「しっかり保湿する」ことです。

化粧水の後は「乳液」を使用する方がとても多いのですが、お肌が乾燥している方で、毛穴が開くのを気にしている方は乳液より油分の多い「クリーム」でしっかり保湿する必要があります。

乳液はクリームより水分が多いため、保湿力は劣ります。

 

ただ、夏の暑い季節や、ファンデーションがクリームでヨレる場合は、朝は乳液、夜はクリームなど使い分けてしっかり保湿ケアをしてください。

 

毛穴が開くのが気になってるけど、スキンケアの見直しは面倒という、あなたは

クレンジングの見直しと、最後の保湿ケアだけはしっかりと行ってください。

 

 

毛穴が開く原因と正しいケアのまとめ

毛穴が開く原因と正しいケアは、カラダの外側と内側からの両方のアプローチが必要です。

 

皮脂が過剰に出ないようなケアと、自分の肌に合ったスキンケアを選んで、誰もが憧れる「毛穴レス」の肌を手に入れてください。

 

 

 

ニキビのお悩み
毛穴の開き・黒ずみ・たるみを徹底解説!原因と対策のまとめ

お肌の悩み第3位は【毛穴】に関する悩み。毛穴の悩みといっても、「開き」「黒ずみ」「たるみ」など種類もさまざまです。 悩みを改善しようと、間違ったケアを繰り返していて、さらに「毛穴が目立つ!」なんて経験 ...

続きを見る

 

 

フェイシャルエステで毛穴が変わるを体験してください
札幌のフェイシャルエステなら94.2%が効果を実感したカイオナ

  札幌のフェイシャルエステ カイオナ 4つのポイント ご予約方法 施術をしている場合、お電話に出られませんので24時間ご予約フォームでご予約ください。 24時間WEB予約フォームでのご予約 ...

続きを見る

© 2021 札幌のフェイシャルエステならカイオナ Powered by AFFINGER5